ダイヤモンドレコード針のナガオカは、世界が認める技術を生かし、各種精密部品を製造しています。

2020.10.01

創業80周年を記念し、レコード用MM型カートリッジ新製品JEWELTONE「JT-80」シリーズを2020年10月16日より発売開始

1000jt80_2種.jpg

レコード針の製造を手掛ける株式会社ナガオカ(山形県東根市 代表:長岡香江)は同社の「JEWELTONE」ブランドよりレコード用MMカートリッジ新製品「JT-80」シリーズを2020年10月16日より発売開始します。

シリーズラインナップは、アルミカンチレバーを採用したスタンダードモデル「JT-80LB(ラピスブルー)」とボロン製のカンチレバーを採用した上位モデル「JT-80BK(ブラック)」との2機種。

先行で「JT-80BK(ブラック)」」が10月16日の発売となり、JT-80LB(ラピスブルー)は今冬の発売予定となります。

それぞれのモデルの特徴は以下の通り。

・自社の新しいスタンダードモデルを目指して開発された「ラピスブルー」

600jt80LP.jpg

艶のある瑠璃色のスタイラス・ノブが特徴の「ラピスブルー」はアルミニウムカンチレバー、ダイヤモンド接合楕円針を採用し、高いコストパフォーマンスを追求すると共に、ワイドレンジで迫力のあるサウンドを実現しました。

市場想定売価は20,000円(税抜き)

・高域の繊細さとMM特有の音圧を再現した上位モデル「ブラック」

600jt80bk.jpg

高級感のある黒色のスタイラス・ノブが特徴のブラックは、ボロンカンチレバー、無垢楕円針を用いた上位モデルとなっており、高域から低域までのサウンドバランスの良さが特徴です。

市場想定売価は50,000円(税抜き)

今回、カートリッジ本体、スタイラス・ノブ新しいNAGAOKAを表現するために1から設計を行いました。

新設計のMM型カートリッジはナガオカとしてはMP型カートリッジ発売以前の実に約40年ぶりとなります。

2020年度のグッドデザイン賞も受賞しました。創業80周年の節目に、レコードと共に歩み続けたナガオカが、近年新たな盛り上がりを見せるアナログレコード市場に向け、新製品を投入する事でレコード文化の良さを再認識して頂きたい思いを込め、開発致しました。

製品イメージ画像

1000jt80lb_1.jpg

jt80bk_1.jpg

1000gdlogo-2.jpg

製品仕様(JT-80LB)

形式:ムービングマグネット型(MM型)
出力:5.0mV(5cm/sec)
周波数特性:20Hz~20,000Hz
チャンネルセパレーション:23dB(1Khz)
チャンネルバランス:1.5dB以下
カンチレバー:アルミニウム合金
針先:0.4x0.7mil 楕円・接合ダイヤ
針圧:1.3g~1.8g
カ-トリッジ自重 :6.9g

製品仕様(JT-80BK)

形式:ムービングマグネット型(MM型)
出力:3.0mV(5cm/sec)
周波数特性:20Hz~20.000Hz
チャンネルセパレーション:25dB(1Khz)
チャンネルバランス 1.0dB以下
カンチレバー:ボロン
針先:0.4x0.7mil 楕円・ダイヤ
針圧:1.3g~1.8g
カ-トリッジ自重:6.7g

製品価格
製品名:NAGAOKA MM型カートリッジJEWELTONE JT80LB
型番:JT-80LB
JAN:4967736081559
想定売価:20,000円(税別)

製品名:NAGAOKAJEWELTONE JT80LB 交換針
型番:JTS-80LB
JAN:4967736081573
想定売価:13,000円(税別)

製品名:NAGAOKA MM型カートリッジJEWELTONE JT80BK
型番:JT-80BK
JAN:4967736081542
想定売価:50,000円(税別)

製品名:NAGAOKA JEWELTONE JT80BK 交換針
型番:JTS-80BK
JAN:4967736081566
想定売価:32,000円(税別)

最新のお知らせ